LEDヘッドランプ改造

 最近話題のCREE XLamp7090XR-Eをトミーブライトさんで見つけたので早速購入し、手持ちのヘッドランプ(Black Diamond ジーニックス)を改造してみました。

ヘッドライト  このヘッドライトは、取扱説明書によると”中央に「ハイパーブライトLED」を1灯 両サイドに「スーパーブライトLED」を2灯”備えていて、単4電池3本仕様です。
 実は以前分解したことがあり、「ハイパーブライトLED」はLuxeonのLXHLMWECというLEDでした。制御していたのは7.5Ωのチップ抵抗で、計算してみると発熱対策のためか160mA程度しか流れないようになっていたので、手持ちの3.6Ωに換えて330mA位にしています。(中央左下3R6の部分です。) 分解

 今回はそれをCREE XLamp7090XR-Eに換えてみようというわけです。
 作業自体はとても簡単ですぐに出来ました。レンズホルダーが少しLEDに干渉したので、カッターで削りました。
 点灯してみると予定通り明るく、色もきれいな白になりました。

 しかし、せっかくのXLamp7090XR-Eを330mA駆動ではもったいないと思い、3.6Ωのチップ抵抗を2枚重ねにチャレンジしました。計算では560mA位になりそうです。 ヘッドランプ

 結果、めちゃくちゃ明るいです。色も青っぽくないのではっきり物が見えます。興奮してしまいました。

 3m先のカーテン(ブルー)に向けて照らし、手持ちの3WLEDライトと比べてみました。 3WLEDライト

【改造品】
XLamp7090XR-E
【ノーマル】
ノーマル
【改造品】
XLamp7090XR-E
【3WLED懐中電灯】
3WLED懐中電灯
ISO200 F4.2露出1秒で撮影


 実際は3WのLEDライトも十分な明るさがあるのですがそれを上回る明るさです。唯一の不満は、レンズの関係なのか、リング状の影の様な感じになってしまったことです。

閉じる


LEDの通信販売トミーブライト
[トップページ]